Page:Textbook of Japanese History for Elementary School on 1943 vol 1.pdf/49

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


みなもとのよりよしが、朝廷の命を受けて、これをしづめるために戰つてゐる、ぜんくねんえきの眞最中のことです。

後三條天皇の御學問
後三條天皇の御學問

やがて〈第七十一代〉ごさんでう天皇が、御位におつきになりました。天皇は、世のなりゆきを深く御心配になり、おんみづから政治をおとりになりました。たびたび藤原氏をおいましめになり、ゆるんだ政治を立て直さうと、おつとめになりました。おそれ多くも、けんやくもはんをお示しになり、日々のごぜんぶにまで、御心をお配りになつたと傳へられてゐます。いはしみづはちまんぐうに行幸のおん時など、はうげいしやの車のはでなかなぐに、お目をとめさせられ、その場で、これをお取らせになつたこともありました。しぜん役人たちは、心をひきしめてつとめにはげみ、さすがの賴通も、おそれ入つて、關白の職を退き、平等院へいんきよしてしまひました。しかし天皇は、わづか五年で御位を〈第七十二代〉しらかは天皇におゆづりになり、まもなく、まだ四十の御年でおかくれになりました。

白河天皇もまた、後三條天皇の御志をおつぎになつて、御みづから政治をおとりになりました。御位をおゆづりになつてからも、院で政務をおさばきになつたので、攝政・關白の職も、名ばかりとなり、藤原氏の勢は、どんどんおとろへて行きました。