Page:Textbook of Japanese History for Elementary School on 1943 vol 1.pdf/44

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


太宰府

太宰府

太宰府といへば、九州の政治や大陸との外交をつかさどる重要な役所であり、いざといふ場合には、敵を防ぐ第一線でもありました。しかし、このころでは、久しく太平が續き、從つて前ほどの威勢もありません。それに道眞は、ほんの名ばかりの役目で、ここへうつされたのです。はたらきのある道眞にとつえ、十分な奉公のできないのは、どれほどさびしいことだつたでせう。道眞は、每日一室に閉ぢこもつたまま、ただ天皇のおん事ばかり、心におしのび申しあげてゐました。

都の思ひ出
都の思ひ出

太宰府の秋もふけて、すすきの穗がゆらぐ道眞のすまゐにも、菊のせつくがおとづれて來ました。ちやうど一年前の今日、道眞は、菊見のぎよえんに詩をたてまつり、おほめにあづかつて、ぎよいをたまはつたのでした。これを思ふにつけても、今さらのやうに、くんおんのかたじけなさが、ひしひしと身にせまつて、淚がとめどなく流れました。うやうやしくおんしの御衣をささげ、眞心を詩にのべて、しばし都の思ひ出にふけりました。

大宰府に三年ばかりゐた道眞