Page:Textbook of Japanese History for Elementary School on 1943 vol 1.pdf/18

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


半島の形勢
半島の形勢

國々からは、勇ましい將兵や多くの軍船が、お召しに應じて、次次にまつらの港へ集つて來ます。まことに、くはしほこちたるの國の力づよさを思はせる光景であります。皇后は、うやうやしく、神々に戰勝をお祈りになり、將兵は、決死の覺悟をちかひました。折からの追風を帆にはらんで、軍船は矢のやうに、海面をすべつて行きました。

皇后の御出發
皇后の御出發

おどろきあわてたのは、新羅王です。「音にきく日本の船、神國のつはものにちがひない。」と思つて、王はすぐさま皇后をお出迎へ申しあげ、ふたごころのないしるしに、每年かならずみつぎ物をたてまつることを、堅くちかひました。勢こんだ將兵の中には、王を斬らうとするものもありましたが、皇后は、それをとめてかうふくをお許しになり、王が眞心こめてたてまつつた金・銀・あや・錦を、八十さうの船に積んで、勇ましくめでたくお歸りになりました。