Page:Textbook of Japanese History for Elementary School on 1943 vol 1.pdf/19

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


畿内の要地
畿内の要地

こののち、熊襲がしづまつたのはいふまでもなく、くだらかうくりまでも、わが國につき從ひました。日本のすぐれた國がらをしたつて、その後、半島から渡つて來る人々が、しだいに多くなりました。このやうに、國内がしづまり、皇威が半島にまで及んだのは、ひとへに、神々のおまもりと皇室の御惠みによるものであります。


第二 やまとくにはら

一 かまどのけむり

天皇の惠みのもとに、國民はみな、樂しくくらしてゐました。半島から來た人々も、自分の家に歸つたやうな氣がしたのでせう、そのままとどまつて、朝廷から名前や仕事や土地などをたまはり、よい日本の國民になつて行きました。中には、朝廷に重くもちひられて、その子、その孫と、ながくお仕へしたものもあります。がくしやはたおりかぢにたくみなものが多く、それぞれ仕事にはげんで、國のためにつくしました。