Page:Textbook of Japanese History for Elementary School on 1943 vol 1.pdf/16

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


おつきになりました。天皇は「神鏡を身近く奉安してゐるのは、まことにおそれ多いことである。」とお考へになり、御鏡に御劒をそへて、これを大和のかさぬひのむらにおまつりになりました。〈第十一代〉すゐにん天皇もまた、そのみこころざしをおうけになり、いせの五十鈴川のほとりに、あらたな社殿をお造りになつて、そこにおまつりになりました。これをくわうだいじんぐうと申しあげます。國民も、今はまのあたりに神宮を拜して、ますます敬神の心を深め、國の尊さを、はつきりと心に刻むやうになりました。

四道將軍
四道將軍

世の中はいよいよ開け、人口は多くなり、產業もまた進んで來ました。そこで崇神天皇は、御惠みを國のすみずみまでおよぼさうとの思し召しから、四人の皇族をほくりくとうかいさんいんさんやうの四道へおつかはしになりました。これをしだうしやうぐんといひます。また人口を調べ、みつぎ物を定めて、せいぢをお整へになり、池をほらせて農業をお進めになり、さらに、しよこくに命じて船を造らせ、海國日本のそなへを固くなさいました。このころ、てうせんおほからみまな)といふ國が、となりのしらぎにおびやかされて、わが國に助けを求めましたので、天皇はしほのりつひこに軍勢を授けて、おつかはしになつたこともあります。垂仁天皇は、もつぱら御父の御業をおつぎになつて、農業をお進め