Page:Textbook of Japanese History for Elementary School on 1943 vol 1.pdf/12

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


大神の御心を國中にひろめよう。」と仰せられ、くわうけいいつせのみことたちといろいろ相談の上、陸海の精兵を引きつれて、勇ましく日向をおたちになりました。

神武天皇の御東幸

神武天皇の御東幸

日向なだからせとないかいへ、みいくさぶねは波をけたてて進みました。行く行く船をおとどめになつて、各地のわるものをお平げになり、また苦しむ民草をお惠みになりました。みいつをしたつて御軍に加るものも、少くありませんでした。島山の多い内海のこととて、春のあした、秋のゆうべの美しい眺めが、御軍びとのつかれをなぐさめたこともありませう。かうして、長い年をお重ねになりながら、天皇は、やうやくなにはへお着きになりました。

いこまやまをひとつ越えると、めざすやまとの國であります。御軍は、勇氣をふるつて東へ進みました。ここに、ながすねひこといふわるものが、にぎはやひのみことを押し立て、多くの手下を引きつれ、地のにたよつて、御軍に手むかひました。くさゑざかの戰では、おそれ多くも、五瀨命が敵の流矢のために、ふかでをお負ひになりました。それほどのげきせんだつたのです。このけいせいをごらんになつて、天皇は「日の神の子孫が、日へ向かつて戰を進めるのはよくない。」と仰せになり、海路きい半島をくまのへと、おまはりになりました。しかも途中の御難儀は、かくべつでありました。五瀨命は、かまやまでおかくれになり、悲し