Page:Textbook of Japanese History for Elementary School on 1943 vol 1.pdf/10

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


つて、大國主神のために、りつぱな御殿をおつくらせになりました。これが出雲大社のきげんであります。

皇孫のお降り
皇孫のお降り

いよいよ、皇孫のお降りになる日がまゐりました。大神は、御孫ににぎのみことをおそば近くにお召しになつて、

とよあしはらちいほあきみづほくには、うみのこきみたるべきくになり。よろしくいましすめみまきてしらせ。さきくませ。あまつひつぎさかえまさんこと、まさあめつちきはまりなかるべし。

と、おごそかに仰せられました。ばんせいいつけいの天皇をいただき、あめつちとともにきはみなく榮えるわが國がらは、これによつて、いよいよ明らかとなりました。大神はまた、やたのかがみやさかにのまがたまあめのむらくものつるぎをそへて、尊にお授けになつて、

れのかがみは、もはみたまとして、みまへいつくがごと、いつきまつれ。

と仰せられました。御代御代の天皇は、このさんしゆじんぎを、皇位のしるしとせられ、特に鏡は大神として、おまつりになるのであります。

瓊瓊杵尊は、おんかどでの姿もけだかく、大神においと