Page:Textbook of Japanese History for Elementary School on 1943 vol 1.pdf/9

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


五十鈴川の流れ
五十鈴川の流れ

大神は、天皇陛下の先祖に當らせられる、かぎりもなく尊い神であらせられます。おんとくきはめて高く、ひのかみとも申しあげるやうに、惠みは大八洲にあふれ、海原を越えて、遠く世界のはてまで滿ちわたるのであります。

大神は、たかまがはらにいらつしやいました。稻・麥等五こくを植ゑ、かひこを飼ひ、糸をつむぎ、布をることなどをお教へになりました。春ははたを織るをさの音ものどかに、秋はみづほの波がこがねのやうにゆらいで、樂しいおだやかな日が續きました。私たちは「あめの岩屋」や「やまたのをろち」のお話にも、大神の尊い御德と深い御惠みを仰ぐことができます。おんすさのをのみことを始めたてまつり、多くの神々が、どんなに深く大神をおしたひ申しあげてゐられたかを知ることができます。

大神は、大八洲を安らかな國になさらうとして、子孫をこの國土におくだしになることを、お考へになつてゐました。當時大八洲には、多くの神々があり、中でも、素戔鳴尊の御子、おほくにぬしのかみは、勇氣もあり、なさけも深く、いづも地方をなつけて、勢が最もさかんでありました。そこで大神は、おん使ひをおつかはしになつて、くんしんの分をおしめしになり、國土のほうくわんをおさとしになりました。大國主神は、つつしんでその仰せに從はれました。大神は、その眞心をおほめにな