Page:Rashomon.djvu/9

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


 下人は、頸をちゞめながら、山吹のかざみに重ねた、紺の襖の肩をたかくして門のまはりを見まはした。あめかぜの患のない、人目にかゝる惧のない、一ばんらくにねられさうな所があれば、そこでともかくも、かさうと思つたからである。すると、幸門の上のろうへ上る、幅の廣い、之も丹を塗つたはしごが眼についた。うへなら、人がゐたにしても、どうせしにんばかりである。下人は、そこで腰にさげたひぢりづかの太刀が鞘走らないやうに氣をつけながら、わらざうりをはいた足を、その梯子の一ばんしたの段へふみかけた。
 それから、なんぷんかの後である。羅生門の樓の上へ出る、はゞの廣い梯子の中段に、一人の男が、ねこのやうに身をちゞめて、いきを殺しながら、上のようすを窺つてゐた。樓の上からさすひかりが、かすかに、その男の右のほゝをぬらしてゐる。短いひげの中に、赤く膿を持つたにきびのある頰である。下人は、始めから、この上にゐる者は、しにんばかりだと高を括つてゐた。それが、はしごを二三段上つて見ると、上では誰かをとぼして、しかもその火をそこゝこうごかしてゐるらしい。これは、その濁つた、黃いろい光が、すみに蜘蛛の巢をかけた天井裏に、ゆれながらうつつたので、すぐにそれと知れたのである。この雨の夜に、この羅生門の上で、火をともしてゐるからは、どうせ唯の者ではない。
 下人は、やもりのやうに足音をぬすんで、やつときふな梯子を、一番上の段まで這ふやうにして上りつめた。さうしてからだを出來る丈、平にしながら、くびを出來る丈、前へ出して、おそる恐る、樓の內をのぞいて見た。
 見ると、樓の內には、うはさに聞いた通り、幾つかのしがいが、むざうさに棄てゝあるが、火の光の及ぶはんゐが、思つたより狹いので、かずは幾つともわからな