Page:Rashomon.djvu/10

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


い。唯、おぼろげながら、知れるのは、その中にはだかの屍骸と、きものを着た屍骸とがあると云ふ事である。もちろん、中には女も男もまじつてゐるらしい。さうして、その屍骸は皆、それが、甞、生きてゐた人間だと云ふじゞつさへ疑はれる程、土を捏ねて造つたにんぎやうのやうに、口をいたり手を延ばしたりしてごろごろゆかの上にころがつてゐた。しかも、肩とかむねとかの高くなつてゐるぶゞんに、ぼんやりした火の光をうけて、低くなつてゐる部分の影を一そうくらくしながら、永久におしの如くだまつていた。

 下人は、それらの屍骸のふらんした臭氣に思はず、はなを掩つた。しかし、その手は、次のしゆんかんには、もう鼻を掩ふ事を忘れてゐた。或る强いかんじやうが、殆悉この男の嗅覺を奪つてしまつたからである。
 下人の眼は、その時、はじめて、そのしがいの中に蹲つている人間を見た。ひはだいろの着物を著た、背の低い、瘦せた、しらがあたまの、猿のやうな老婆である。その老婆は、右の手に火をともしたまつの木片を持つて、そのしがいの一つの顏を覗きこむやうにながめてゐた。髮の毛の長い所を見ると、たぶんをんなの屍骸であらう。
 下人は、六分のきやうふと四分の好奇心とに動かされて、暫時はいきをするのさへ忘れてゐた。舊記のきしやの語を借りれば、「とうしんの毛も太る」やうに感じたのである。すると、らうばは、松の木片を、床板の間にして、それから、今まで眺めてゐた屍骸の首にりやうてをかけると、丁度、猿の親が猿の子のしらみをとるやうに、その長いかみを一本づゝ拔きはじめた。髮は手にしたがつて拔けるらしい。
 その髮の毛が、一本ずゝけるのに從つて下人のこゝろからは、恐怖が少しづ