Page:Rashomon.djvu/8

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


たうである。その上、今日のそらもやうも少からずこのへいあんてうの下人の Sentimentalisme にえいきやうした。さるの刻下りからふり出した雨は、未にあがるけしきがない。そこで、下人は、何を措いてもさしあたり明日のくらしをどうにかしようとして――云はゞどうにもならないことを、どうにかしようとして、とりとめもないかんがへをたどりながら、さつきからすじやくおほぢにふる雨の音を、聞くともなく聞いてゐた。

 雨は、らしやうもんをつゝんで、とほくから、ざあつと云ふ音をあつめて來る。夕闇は次第に空を低くして、みあげると、門の屋根が、斜につき出したいらかさきに、重たくうすくらくもを支へてゐる。
 どうにもならない事を、どうにかする爲には、しゆだんを選んでゐるいとまはない。選んでゐれば、ついぢの下か、道ばたの土の上で、うゑじにをするばかりである。さうして、この門の上へ持つて來て、いぬのやうにてられてしまふばかりである。えらばないとすれば――下人の考へは、なんども同じ道を低徊したあげくに、やつとこの局所へはうちやくした。しかしこの「すれば」は、いつまでたつても、結局「すれば」であつた。下人は、しゆだんを選ばないといふ事をこうていしながらも、この「すれば」のかたをつける爲に、たうぜん、その後に來る可き「ぬすびとになるより外にしかたがない」と云ふ事を、せきゝよくてきに肯定する丈の、勇氣が出ずにゐたのである。
 下人は、大きなくさめをして、それから、大儀さうに立上つた。ゆふひえのする京都は、もうひをけが欲しい程の寒さである。風は門のはしらと柱との間を、夕闇と共に遠慮なく、吹きぬける。にぬりの柱にとまつてゐたきりも、もうどこかへ行つてしまつた。