Page:Rashomon.djvu/7

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


その始末であるから、羅生門のしゆりなどは、元より誰も捨てゝかへりみる者がなかつた。するとそのてたのをよい事にして、こりが棲む。ぬすびとが棲む。とうとうしまひには、ひきとり手のない死人を、この門へ持つて來て、棄てゝ行くと云ふしふくわんさへ出來た。そこで、日の目が見えなくなると、誰でもきみを惡るがつて、この門のきんじよへはあしぶみをしない事になつてしまつたのである。

 その代り又からすどこからか、たくさん集つて來た。ひるまると、その鴉がなんばとなく輪を描いて高いしびのまはりをきながら、飛びまはつてゐる。殊に門の上の空が、ゆふやけであかくなるときには、それがごまをまいたやうにはつきり見えた。からすは、勿論、門の上にあるしにんの肉を、啄みに來るのである。――尤も今日は、こくげんおそいせいか、一羽も見えない。唯、ところどころ、崩れかゝつた、さうしてそのくづれ目に長い草のはへたいしだんの上に、からすくそが、點々と白くこびりついてゐるのが見える。げにんは七段ある石段の一番上のだんあらひざらしたこんあをの尻を据ゑて、右の頰に出來た、大きなにきびを氣にしながら、ぼんやり、あめのふるのをながめてゐるのである。
 さくしやはさつき、「下人が雨やみを待つてゐた」と書いた。しかし、げにんは、雨がやんでもかくべつどうしようと云ふ當てはない。ふだんなら、もちろん、主人の家へ歸る可き筈である。ところがその主人からは、四五日前にひまされた。前にも書いたやうに、たうじきやうとの町は一通りならずすゐびしてゐた。今この下人が、ながねん、使はれてゐた主人から、ひまを出されたのも、この衰微の小さな餘波に外ならない。だから「下人があめやみを待つてゐた」とふよりも、「雨にふりこめられた下人が、どころがなくて、途方にくれてゐた」と云ふ方が、てき