Page:Rashomon.djvu/6

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


羅生門

 あるひの暮方の事である。一人の下人が、らしやうもんの下で雨やみを待つてゐた。
 廣い門の下には、この男のほかに誰もゐない。唯、所々にぬりの剝げた、大きなまるばしらに、きりが一匹とまつてゐる。らしやうもんが、すじやくおほぢにあるいじやうは、この男の外にも、あめやみをするいちめがさや揉烏帽子が、もう二三にんはありさうなものである。それが、このをとこほかにはたれもゐない。
 なぜかと云ふと、この二三年、京都には、ぢしんとか辻風とか火事とか饑饉とか云ふわざはひがつゞいて起つた。そこでらくちうのさびれかたは一通りでない。舊記によると、佛像や佛具をうちくだいて、そのがついたり、金銀のはくがついたりした木を、路ばたにつみ重ねて、たきぎしろに賣つてゐたと云ふ事である。らくちう