Page:Rashomon.djvu/13

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


 下人は、老婆の答が存外、へいぼんなのに失望した。さうしてしつばうすると同時に、又前の憎惡が、冷なぶべつと一しよに、心の中へはいつて來た。すると、そのけしきが、先方へも通じたのであらう。老婆は、かたてに、まだ屍骸の頭からつた長い拔け毛をつたなり、ひきのつぶやくやうな聲で、口ごもりながら、こんな事を云つた。
 成程、死人のかみを拔くと云ふ事は、惡い事かもれぬ。しかし、かう云ふ死人の多くは、皆、その位なことを、されてもいゝにんげんばかりである。現に、自分が今、かみを拔いた女などは、へびを四寸ばかりづゝにつて干したのを、ほしうをだと云つて、たてはきの陣へ賣りに行つた。疫病にかゝつて死ななかつたなら、今でも賣りに行つてゐたかもしれない。しかも、このをんなの賣る干魚は、あぢがよいと云ふので、太刀帶たちが、缺かさずさいれうに買つてゐたのである。自分は、この女のした事がわるいとは思はない。しなければ、うゑじにをするので、しかたがなくした事だからである。だから、又今、じぶんのしてゐた事も惡い事とはおもはない。これもやはりしなければ、うゑじにをするので、仕方がなくする事だからである。さうして、その仕方がない事を、よく知つてゐたこの女は、自分のする事をゆるしてくれるのにちがひないとおもふからである。――老婆は、大體こんな意味の事を云つた。
 下人は、太刀をさやにおさめて、その太刀の柄をひだりでおさへながら、冷然として、この話を聞いてゐた。勿論、みぎでは、赤くほゝうみを持つた大きな面皰をにしながら、聞いてゐるのである。しかし、之をいてゐる中に、下人の心には、あるゆうきが生まれて來た。それは、さつき、もんしたでこの男に缺けてゐた勇氣である。さうして、またさつき、この門のうへあがつて、この老