Page:Rashomon.djvu/12

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


人はとうとう、老婆のうでをつかんで、無理にそこへたほした。丁度、とりの脚のやうな、骨と皮ばかりの腕である。

「何をしてゐた。さあ何をしてゐた。云へ。云はぬと、これだぞよ。」
 下人は、らうばをつき放すと、いきなり、たちさやを拂つて、白いはがねの色をその眼の前へつきつけた。けれども、老婆は默つてゐる。りやうてをわなわなふるはせて、肩でいきを切りながら、眼を、がんきうまぶたの外へ出さうになる程、見開いて、啞のやうにしうねく默つてゐる。これを見ると、下人ははじめて明白にこの老婆の生死が、全然、自分のいしに支配されてゐると云ふ事をいしきした。さうして、この意識は、いままではげしく燃えてゐた憎惡の心をいつの間にかましてしまつた。あとに殘つたのは、唯、あるしごとをして、それがゑんまんに成就した時の、安らかなとくいと滿足とがあるばかりである。そこで、下人は、らうばを見下しながら、少し聲をやはらげてかう云つた。
「己はけびゐしの廳の役人などではない。今し方このもんの下をとほりかゝつた旅の者だ。だからお前になわをかけて、どうしようと云ふやうな事はない。たゞ、今時分、この門の上で、なにをして居たのだか、それを己にはなししさへすればいいのだ。」
 すると、老婆は、みひらいてゐた眼を、一そうおほきくして、ぢつとその下人のかほを見守つた。眶の赤くなつた、肉食鳥のやうな、するどい眼で見たのである。それから、しはで、殆、鼻と一つになつた唇を、何か物でもんでゐるやうに動かした。細い喉で、尖つたのどぼとけの動いてゐるのが見える。その時、そののどから、からすの啼くやうな聲が、喘ぎ喘ぎ、下人のみゝへ傳はつて來た。
「この髮を拔いてな、この女の髮を拔いてな、かつらにせうと思うたのぢや。」