Page:Rashomon.djvu/14

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


婆を捕へた時の勇氣とは、ぜん、反對な方向にうごかうとする勇氣である。下人は、饑死をするかぬすびとになるかに迷はなかつたばかりではない。そのときのこの男の心もちから云へば、うゑじになどと云ふ事は、殆、かんがへる事さへ出來ない程、意識の外に追ひ出されてゐた。

「きつと、そうか。」
 老婆の話が完ると、下人はあざけるやうな聲でねんを押した。さうして、一あしまへへ出ると、ふいに、右の手を面皰から離して、老婆のえりがみをつかみながら、かう云つた。
「では、己がひはぎをしようと恨むまいな。己もさうしなければ、饑死をする體なのだ。」
 下人は、すばやく、老婆のきものを剝ぎとつた。それから、あしにしがみつかうとする老婆を、てあらく屍骸の上へけたほした。梯子の口までは、わづかに五步を數へるばかりである。下人は、ぎとつた檜肌色のきものをわきにかゝへて、またゝく間に急な梯子を夜の底へかけ下りた。
 しばらく、死んだやうに倒れてゐた老婆が、屍骸のなかから、そのはだかの體を起したのは、それからもなくの事である。老婆は、つぶやくやうな、うめくやうな聲を立てながら、まだえてゐる火の光をたよりに、はしごの口まで、這つて行つた。さうして、そこから、短いしらがを倒にして、門の下をのぞきこんだ。外には、唯、黑洞々たる夜があるばかりである。
 下人は、既に、あめをかして、京都の町へ强盜を働きに急いでゐた。