Page:Rashomon.djvu/11

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


つ消えて行つた。さうして、それとどうじに、この老婆に對するはげしいぞうをが、少しづゝ動いて來た。――いや、このらうばに對すると云つては、ごへいがあるかも知れない。寧、あらゆる惡に對するはんかんが、一分每に强さを增して來たのである。この時、たれかがこの下人に、さつきもんの下でこの男が考へてゐた、うゑじにをするか盜人になるかと云ふ問題を、改めてもちだしたら、恐らく下人は、何のみれんもなく、饑死を選んだ事であらう。それほど、このをとこの惡を憎む心は、老婆のゆかに挿した松の木片のやうに、勢よくあがり出してゐたのである。

 下人には、勿論、何故老婆がしにんの髮の毛をくかわからなかつた。從つて、がふりてきには、それを善惡の何れにかたづけてよいか知らなかつた。しかし下人にとつては、このあめに、この羅生門の上で、死人の髮のを拔くと云ふ事が、それ丈で既にゆるす可らざる惡であつた。勿論、げにんは、さつき迄自分が、盜人になる氣でゐた事なぞは、とうに忘れてゐるのである。
 そこで、下人は、りやうあしに力を入れて、いきなり、はしごから上へ飛び上つた。さうしてひぢりづかの太刀に手をかけながら、おおまたに老婆の前へ步みよつた。老婆が驚いたのは、云ふ迄もない。
 老婆は、一目下人を見ると、まるでいしゆみにでも彈かれたやうに、飛び上つた。
「おのれ、どこへ行く。」
 下人は、老婆がしがいにつまづきながら、あはてふためいて逃げようとする行手を塞いで、こうのゝしつた。老婆は、それでも下人をつきのけてかうとする。下人は又、それを行かすまいとして、しもどす。二人はしがいの中で、暫、むごんのまゝ、つかみ合つた。しかししようはいは、はじめから、わかつている。下