Page:Naobinomitama4.pdf/7

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです

て彼國は、事ゴトにあまりこまかに心をツケて、かにかくにアゲツラひさだむる故に、なべて人の心さかしだちワロくなりて、中々に事をしゝこらかしつゝ、いよゝ國は治まりがたくのみなりゆくめり、されば聖人の道は、國を治めむために作りて、かへりて國を亂すたねともなる物ぞ、すべてナニわざも、オイらかにして事タリぬることは、さてあるこそよけれ、カレ皇國の古は、さるコチタき敎ナニもなかりしかど、下が下までみだるゝことなく、天下はオダヒに治まりて、天津日嗣いやトホナガに傳はりマセり、さればかの異國の名にならひていはゞ是ウヘなきスグレたるオホき道にして、マコトは道あるが故に道てふコトなく、道てふことなけれど、道ありしなりけり、そをことしくいひあぐると、然らぬとのけぢめを思へ、コトアゲせずとは、あだし國のごと、こちたくイヒたつることなきを云なり、タトヘザエナニも、すぐれたる人はいひたてぬを、なまのわろものぞ、返りていさゝかの事をも、ことしくイヒあげつゝほこるめる如く、カラクニなどは、道ともしきゆゑに、かへりてミチしきことをのみ云あへるなり、ズサはこゝをえしらで、皇國をしも道なしとかろしむるよ、儒者のえしらぬは、萬カラタフトき物に思へる心は、なほさも有なむを、