Page:Kokuyakudaizokyo48.djvu/44

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


さつせば、らくにんがいうへづ。

374ひとし〕しゆじゆはうによりて、しよをんきめつしねんすれ ば、〔ほふ、〔ほふえつちしやの、かんろみとする所なり。

375 376 ここをしへおいて、あるびくすべきことなり、しよこんばうごし、ることをり、かいもつて〔みづから〕せつす、ぜんりやうなるともの、しやうじやうせいかつし、しやうごんなるものとまじはれ、じひおこなひ、ぎむまつたうせよ。それよりくわんぎおほくしてくなうつくすにいたらん。

377 しぼみたる(9)ヷッシカーさうはなつるがごとく、しかとんよくしんいとをてよ、しよびく

378 しづかにし、ことばしづかにし、じやくじやうあんぢやうにしてせらくてたるびくこれあんそくの〔ひと〕とふ。

379 おのおのれいましめ、おのおのれあらためよ、びくよ、く〔せばなんぢは〕みづかばうごし、しやうねんありて、あんのんぢゆうせん。

380 げにおのれおのれしゆ、げにおのれおのれえしよなり、されば、おのれでうごすること、しやうこりやうめを〔でうごする〕がごとくせよ。

381 くわんぎおほく、ほとけをしへよろこべるびくは、じやうをんしよぎやうそくしあんらくん。

382 びくねんせうなりとも、ほとけをしへしやうごんせば、かれせけんてらすこと、くもまでたるぐわつりんごとくならん。

(1) 調戯又は掉擧とも云ふ、心の浮きて落著かざる狀態を指して云ふ。 (2) 淸淨なる生活を營む人を云ふ。 (3) 名色を指して云ふ。 (4) 此の身より邪思惟の水を除くを云ふ。 (5) 五下分結、欲界に屬する五種の煩惱、欲界貪・瞋・身見・戒禁取見・疑。 (6) 五上分結、色無色の上二界に屬する五種の煩惱、色界貪・無色界貪・慢・掉擧・無明。 (7) 五根、信・進・念・定・慧。 (8) 五種の著、貪・瞋・癡・慢・見。 (9) ヷッシカー.


ばらもんほんだい二十六

383 どりよくしてながれしよよくれ、(1)ばらもんしよぎやうめつ