Page:Kokuyakudaizokyo48.djvu/42

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


355 ざいれつちひとそこなへども(11)どだつもとむるひとを〔そこなふこと〕なし、ざいよくのためにむちしやそこなふこと、〔ほ〕を〔そこなふ〕がごとし。

356 あくさうのためにそこなはれ、ぐんじやうとんよくのためにそこなはる、さればりよくひとほどこせる〔もの〕には、だいくわはうあり。

357 あくさうのためにそこなはれ、ぐんじやうしんいのためにそこなはる、さればりしんひとほどこせる〔もの〕には、だいくわはうあり。

358 あくさうのためにそこなはれ、ぐんじやうぐちのためにそこなはる、さればりちひとほどこせる〔もの〕には、だいくわはうあり。

359 あくさうのためにそこなはれ、ぐんじやういよくのためにそこなはる、さればりよくひとほどこせる〔もの〕には、だいくわはうあり。

(1) ボサッチカー を『長老偈』三九九偈の英譯にてリス・デビヅ夫人は The poisoner of all mankind とす、あらゆる人類を毒するものの意、欲望の意もあり。 (2) 學名を Andropogon murica tum と云ふ、一種の香草なり、其の敎を優尸羅と云ふ、三三七偈を見よ。 (3) ヴナタ には矮樹林下生園欲等の意あり。 (4) ヴナ にも森林叢林園欲等の意あり。 (5) 阿羅漢果を指すと釋せり。 (6) 言語文句。 (7) 文字を集めたるもの、卽ち文章と、文章中文字の前後。 (8) 阿羅漢や獨覺や佛は一旦無餘涅槃に入れば、再び世に出ることなし、故に此等を指して最後身の人と云ふ。 (9) 諸經要集二一一偈、イチウッタカ一一二偈、マハーヷッガ(大品)一の六參照。 (10) 愛欲、愛會を盡すことにて阿羅漢果を云ふ。 (11) 彼岸に達せんと願へる人。


しやもんほんだい二十五

360 もつて〔みづから〕せつするはく、みみもつて〔みづから〕せつするはし、はなによりてせつするはく、したうへに〔みづから〕せつするはし。

361 おいせつするはく、ことばおいせつするはし、もつせつするはく、一さいしよせつするはし。一さいしよ