Page:Kokuyakudaizokyo48.djvu/39

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


ことなし、おのれせいせるものは、じせいによりて、〔ところに〕たつすること、れたるに〔りてくがごとし〕。

324 ダナパーラガなづくるざうの、はげしくくるひて、きんせいがたきも、ばくせられてはじきくらふことなし、ざうざう〔のむ〕はやしあいぼす。

325 らいだにしてはうしよくちやうみんてんでんしてぐわするぐしやは、くじきもつはるるだいしごとく、しばしばはうたいる。

326 (3)こころかつて、のぞみにより、よくしたがひ、らくまかせてるてんしたり、われこんにちこれせいすること、ざうしみやうざうを〔せいする〕がごとくせん。

327 しやうごんらくとせよ、おのれこころばうごせよ、なんしよよりくこと、でいちうおちゐれるざうごとくせよ。

328 しりよある、ぜんぎやうけんしやを、どうぎやうともば、一さいきなんち、くわんぎしゆゐして、かれともおこなへ。

329 しりよある、ぜんぎやうけんしやを、どうぎやうともずば、わうりたるくにつるがごとく、マータンガりんちうざうごとく、ただひとおこなへ。

330 ひとむこそけれ、ぐしやともたるはなし、ひとおこなうてあくじなかれ、くわよくなることマータンガりんちうざうごとくなれ。

331 ことおこればともらくまんぞくいづこよりきたるもたのし、みやうじゆうにもぜんぎやうたのしく、一さいつるはたのし。

332 ははたるはたのしく、ちちたるはたのし、しやもんたるはたのしく、ばらもんたるはたのし。

333 らうごいたるまで、かいたもつはらくしやうしんつるはらくちゑるはたのしく、あくさざるはたのし。

(1) 辛頭・信度・仙陀婆・印度河の流域地方にして名馬を產す。 (2) 不至の地とは涅槃の境を云ふ。 (3) 長老偈七七、一一三〇


あいよくほんだい二十四