Page:Kokuyakudaizokyo48.djvu/38

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


313 ことすべくばこれをし、だんだんことしてふんじんせよ、そははういつなるしやもんだうぢんくさんずることおほければなり。

314 あくごふさざるぞき、あくごふのちいたりて、まねく、してまねくことなきぜんごふは、これをすぞき。

315 へんちとふないげともまもるがごとく、しかおのれまもりてしゆんじいつすることなかれ、しゆんじゆるがせにするものはぢごくちてうれかなしむ。

316 づべからざるにぢ、づべきにぢず、じやけんぢやくせるしゆじやうあくしゆおもむく。

317 おそれなきところおそれおそるべきところおそれず、じやけんぢやくせるしゆじやうあくしゆる。

318 くわなきにくわねんし、くわあるにくわず、じやけんぢやくせるしゆじやうあくしゆいたる。

319 くわくわくわなきをくわなしとしやうけんいだけるしゆじやうぜんしゆうまる。

(1) 諸經要集六六三偈。 (2) 國民の信仰によりて施す供養物。 (3) 茅に似たる草の一種。


ざうほんだい二十三

320 われはせんぢやうおもむけるざうの、ゆみはなれたるを〔しのぶ〕がごとく、ばりしのぶ、ぐんじやうは、はかいなればなり。

321ひとは〕なづけたるをせんぢやうき、わうれたるにる、ひとなかにて、じせいしんあり、ばりしのぶはさいだい一なり。

322 れたるはく、けだか(1)しんづばし、だいりゆうざうわうく、おのれせいせるものはさらし。

323 これらのりものに〔り〕ては、〔ひとは〕(2)ふしいた