Page:Kokuyakudaizokyo48.djvu/37

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


えらところしたがひ、ずゐしよくぎやうせらる。

304 ぜんにんとほあらはるること、せつざんごとく、ふぜんしやあらはるることなき、やいんとうぜるごとし。

305 どくざどくぐわどくきやうぎやうしてむことなく、ひとおのれせいしてりんぺんたのしむものたれ。

(1) 「愛は人を生む」と云ふ句よりしてを母と云ひ、「我は某なる王の子、某なる大臣の子なり」と云ひ、父によりて我慢の心起る,よりて我慢を父と云ふ、兩刹利王とは斷見常見の二、國土とは十二處、而して依屬とは十二處附隨の諸煩惱を云ふ。 (2) 兩婆羅門王とは斷常の二見、虎類とは此處にては疑藎を指すと註解書に釋せり。 (3) 瞿曇又は喬答摩は釋迦族の姓なるが故に、釋尊を時には瞿曇佛と呼びたり。


ないりほんだい二十二

306 (1)ひじかたるものはないりる、してさずと云ふものもまたこれらりやうしやしごおなじ、れつごふひとらいせに〔ありてはおなじ〕。

307 じやごふにして、じせいしんなく、くびわうえまとへるしゆたひとこれらじやごふひとじやごふためないりつ。

308 かいやぶり、じせいしんなくして(2)しんせくるよりは、ねつしてくわえんたるてつぐわんむぞまされる。

309 ひとたいだにして、たのしむるものには、四きたる、ふぜんごふて、あんぐわず、だい三にきしだい四にないり

310 ふぜんごふおもむところあくしゆおそおそれたるもののらくすくなく、わうこれじゆうばつくはふ、さればひとたのしまざれ。

311 (3)くそさうは、これつかむことしければ、る、しやもんみちも、これおこなうてよろしからざれば、ないりみちびく。

312 はういつなるかうゐけがれたるきんかいゆうよしてぼんぎやうおこなふ、これともだいくわもたらすものにあらず。