Page:Kokuyakudaizokyo48.djvu/35

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


ず。

281 ことばつつしみ、せいし、ふぜんさず、これらの三をごふだうよりじやうぢよせば、しよだいせんたまへるみちん。

282 おうねんよりちゑしやうじ、ふおうねんなればちゑほろぶ、ひうと、二しゆみちりて、ちゑすがごとく、しかおのれしよせよ。

283 (6)ぼんなうの〕はやしれ、ひとじゆを〔る〕なかれ、はやしよりはきなんきたる、はやししたばえとをらば、びくらぼんなうはやしなきひととならん。

284 なんしによしたいするぼんなうすこしにてもたれざるところあらば、かれこころとらはる、にうむさぼこうしぼぎうけるがごとくに。

285 じこあいねんつこと、ぎうもつしうじはすを〔る〕がごとくし、ぜんざいたまひし(7)じやくじやうみちねはんぞうちやうせよ。

286ここうじすごさん、かんしよあひだここに〔ぢゆうせん〕」と、ぐじんしゆゐしてちかづくことをさとらず。

287 ちくあいおぼれ、らくふけるものを、しわうらつること、ねむれるそんりだいすゐただよはしるがごとし。

288 も、ちちも、しんぞくじこにあらず、しわうとらへられたるものにはしんぞくじこたらず。

289 かいによりてみづかせいせるけんしやは、りて、ねはんおもむみちきよくせよ。

(1) 八正道を云ふ。 (2) 四聖諦の謂なり。 (3) 佛を云ふ。 (4) 欲等の箭を除くの法。 (5) 淨とは涅槃の謂なり。以下三偈皆同一の意に見よ。 (6) 天然の林間に猛獸毒蛇等の危險あるが如く、貪瞋癡煩惱の林にも種種の危難あり、由りて煩惱を林に譬へたるなり、或は ヴナ (林) ヴナタ (下生)には共に又煩惱、欲等の意あり、三四四偈參照。 (7) 或は、寂靜の道を增長せよ、涅槃は善逝の說き給ひし所なり。


くわうえんほんだい二十一