Page:Kokuyakudaizokyo48.djvu/34

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


271 272 (7)かいきんによりても、また(8)たもんによりても、またとくぢやうとくぐわによりても、しやうしやうくべきしゆつりらくるることなし、びくろじんたつするなくしてじぢすることなかれ。

(1) 僅にても聞きては、法に隨ひ、義に隨ひ、大法小法の依行者となり、身に苦等を知りて、四聖諦を見ると解せり。 (2) 比丘には種々の義あれど、中に乞人、乞士等と譯し、他に食を乞ふものゝ義ありとなす。 (3) 權ははかり、衡はおもりなり、權衡を取りて物を量らんとするものは、多きに過ぐれば取去り、少ければ更に加ふ、惡を棄てて善を取るも亦斯の如し。 (4) 勝法とは戒定慧解脫解脫智見を云ふ、此の蘊等の世界に於て、衡を擧げて度るが如く、此等は內蘊なり、此等は外蘊なり等、斯の如の法により、兩義共に量るを云ふ。 (5) 內外上下等の別を知るの意。 (6) 聖者の原語、アリヤ の aria には「敵」の意あり、故に生命を害ふ云云と云ふ。 (7) 四作淨戒又は十三頭陀行を行ふを云ふ。 (8) 三藏學を習するを云ふ。


だうほんだい二十

273 (1)だうみちさいめう(2)たいりさいじやうりよくほふさいしようにして、(3)ぐげんしやりやうそくちうさいそんなり。

274 ちけんきよくするのみち〔のみちに〕ほかならず、なんぢらみちめ、こんわくするものなり。

275 なんぢらいちけば、くじんたつす、われ(4)ぢよせんの〔ほふ〕をりて、なんぢらのためにみちきたり。

276 なんぢらのなすべきはどりよくなり、によらいせつしやなり、ぜんしひとにして〔みちを〕くものはばくのがる。

277 「一さいぎやうむじやうなり」と、もつかくごとときくかいけんをんじやうおこる、(5)じやうるのみちなり。

278 「一さいぎやうなり」と、もつかくごとときくかいけんをんじやうおこる、じやうるのみちなり。

279 「一さいほふむがなり」と、もつかくごとときくかいけんをんじやうおこる、じやうるのみちなり。

280 つべきときたず、わかく、つよくして、たいだおちいり、いししさうよわくしてことものうきもの、かかいつしやみち