Page:Kokuyakudaizokyo48.djvu/32

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


ざるをり、たにんまじはり、しかのみならずおんしゆふける人、かれおいおのれきやくかる。

248 なんぢかくごとくしてせつせいなきことは、じやほふなることをれ、とんまうひほふと、ながなんぢおちいるなからんことを。

249 ひとしんかうしたがひ、このところほどこしをなす、ひとあたふるおんじきたいしてふまんいだくことあらば、かれちうやじやうることなし。

250 かかおもひち、ねだやし、つくせるもの、かれこそはちうやじやうべけれ。

251 とんごときはなく、しふぢやくしんごときはなし、あみごときはなく、ながれあいごときはなし。

252 たにんくわみやすく、おのれくわみがたし、たにんくわは〔これひらくこと〕ぬかひらくが如くし、しかおのれの〔くわを〕おほふことは、いつはりあるとしやとうしかくすがごとくす。

253 くわもとめ、つねふんいこころいだくものは、(3)ますますし、ろじんにはとほくしてとほし。

254 くうちうにはみちなく、しやもんは〔ぶつほふの〕ほかにはこれあらず、ぐんしやうきよえいたのしみ、によらいにはきよえいなし。

255 くうちうにはみちなく、しやもんは〔ぶつほふの〕ほかにはこれあらず、しよぎやうじやうぢゆうなるなく、しよぶつにはどうぢやくあるなし。

(1) 或は邪惡の法は垢なり。 (2) 九偈の註を見よ。 (3) 漏盡とは煩惱を盡すことにて、阿羅漢果に達するを云ふ、斯の如き人は煩惱を盡して阿羅漢果を得ること能はず。


ほふぢゆうほんだい十九

256 ひとばうもつことけつする、かれこれによりてほうふぢゆうひとたるにあらず、しやうじやともけつするものはけんしやなり。

257 ばうならず、ほふにより、びやうどうみちびき、ほふまもらるるちしや、〔かれぞ〕ほふぢゆうひととなへらる。