Page:Kokuyakudaizokyo48.djvu/30

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


もの、ひとをぞわれでうごしやふ、ただたづなるものなり。

223 いかりあいもつち、ふぜんぜんもつつべし、りんしよくにはじんけいもつて、きよごんひとには、じつごもつつべし。

224 じつを語れ、いかなかれ、すこしにてももとめられなばあたへよ、の三によりてしよてんところいたれ。

225 がいいなきむにつねせつして、(1)ふしところいたる。かしこいたりてはうれふることなし。

226 つねかくごし、ちうやきんがくし、ねはんんとつとむるもののぼんなうほろびん。

227 (2)アツラふるくして、いまいできたれるものにひとしからず、いはく「ひともくしてせるものをそしり、おほかたるものをそしり、すくなふものをもまたそしる、そしりけざるものなし。

228 つねただそしられ、つねただめらるるもの、くわこにあらざりき、みらいになけん、しかしていまもあらず。

229 230 たちひとし、おこなひしつなく、けんにして、ちとくそなはり〕、ぢやういあるものを、にちにちえずしようやうすることあらば、えんぶだごんくわへいごとく、たれひとそしんや、しよてんこれめ、ぼんてんこれめん。」

231 しんあくごふばうごし、せいせよ、しんひごふてて、ぜんごふしゆせよ。

232 あくごふばうごし、くちせいせよ、ひごふてて、くちぜんごふしゆせよ。

233 あくごふばうごし、こころせいせよ、ひごふてて、こころぜんごふしゆせよ。

234 けんしやせつし、さらくちつつしみ、せいせるけんしやは、こればうごせるひとなり。

(1) 涅槃の意。 (2) 優婆塞の名なり、以下四偈は佛の此の優婆塞を敎へ給ひし時の偈なり。