Page:Kokuyakudaizokyo48.djvu/29

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


210 あいせるものとふことなかれ、にくめるものと〔ふこと〕なかれ、あいせるものをざるはにくめるものをるもまたなり〕。

211 さればなにものをもかうあいするなかれ、あいしやわかるるはわざはひなり、ひとあいぞうなければてんけつあることなし。

212 あいかうよりうひしやうじ、あいかうよりふゐしやうず、あいかうよりのがれたるものには、うひなし、いづくんぞふゐあらん。

213 しんあいよりうひしやうじ、しんあいよりふゐしやうず、しんあいよりのがれたるものには、うひなし、いづくんぞふゐあらん。

214 きらくよりうひしやうじ、きらくよりふゐしやうず、きらくよりのがれたるものには、うひなし、いづくんぞふゐあらん。

215 とんよくよりうひしやうじ、とんよくよりふゐしやうず、とんよくよりのがれたるものには、うひなし、いづくんぞふゐあらん。

216 かつあいよりうひしやうじ、かつあいよりふゐしやうず、かつあいよりのがれたるものには、うひなし、いづくんぞふゐあらん。

217 じやうかいしやうけんとをし、ほふえりつし、しやうりり、みづかおのれごふすもの、かくごとひとあいす。

218 (1)ふごんぜつほふおいねんおこし、こころまんぞくし、しよよくおいぢやくしんなきはじやうるひとしようせらる。

219 ひさしくゐきやうにあり、とほくよりすこやかかへれるを、しんちほういうあいじんかれきたるをむかふ。

220 おなじく、ぜんごふしてよりおもむけるを、ふくくわこれむかふ、あいするもののきたるをしんちむかふるがごとくに。

(1) 不言說の法とは言詮不及の法の意にて、涅槃を指す。


ふんぬほんだい十七

221 ふんて、まんはなれ、もろもろてんけつえよ、みやうしきしふせず、がうなきひとにはきたることなし。

222 おこれるふんぬせいすること、ころがくるませいするがごとくする