Page:Kokuyakudaizokyo48.djvu/27

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


187 てんしよよくたいしても、よくねんおこさず、かくわうでししよあいつくすをたのしむ。

188 ひとびときようふねんせまられて、さんりんをんじゆせいたきえするものおほし。

189 されどこれあんのんえしよにあらず、むじやうえしよにあらず、このえしよきえして、一さいよりのがるることなし。

190 ぶつと、ほふと、そうとにきえするもの、かれしようちもつて、四しゆしやうたいる。

191 と、きいんと、どだつと、めつじんたつするけんしやうしゆだうと、

192 あんのんえしよむじやうえしよなり、えしよきえして、一さいくよりのがるべし。

193 そんきひとえがたし、かれかくしよしやうぜず、ゆうしやしやうずるところけいふくぞくいたる。

194 しよぶつしゆつせたのしく、めうほふくはたのし、そうしゆわがふたのしく、わがふするもののしゆぎやうたのし。

195 196 あらゆるめいまうち、とをえて、おうぐとくあるほとけまたは〔ぶつでしくやうするもの、かくごととくじやくりふひとくやうするもののくどくは、なんびとこれかぞふべからず。

(1) 知覺の對境限りなきの意にて無限の境界を知覺し得るの意。 (2) 七佛通誠の偈として知らるる有名なる偈なり。 (3) 比丘比丘尼の大戒を指す。 (4) 苦集滅道の四諦なり。


あんらくほんだい十五

197 あんらくぢゆうせん、をんねんあるひとびとのうちにありて、をんねんなく、をんねんあるともがらうちに、をんねんなくして、あんらくぢゆうせん。

198 あんらくぢゆうせん、ぼんなうあるひとびとうちにありて、ぼんなうなく、ぼんなうあるともがらのうちに、ぼんなうなくしてあんらくぢゆう