Page:Kokuyakudaizokyo48.djvu/24

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


153 154 (1)をくしやかうじんもとめて、これいださず、たしやうりんねかいほんちして、うたしやうじたり。

をくかうなんぢいままみいださる、ふたたいへを構ふることあらじ、なんぢかくざいすべやぶられ、とうりやうこぼたる、めついたれるこころしよあいめつじんたつせり。

155 さうじぼんぎやうしゆせず、ざいはうずして、うをまざるいけなかなるらうこうごとくにほろぶ。

156 さうじぼんぎやうしゆせず、ざいはうずして、ちたるゆみごとく、かこかこちてせり。

(1) 渴愛を指す、是れ渴愛は生死輪廻の因なるが故なり、此の一五三、一五四の兩偈は佛大覺の後、初めて唱へられしものなりと傅ふ。


じこほんだい十二

157 おのれあいすべしとらば、これほごせよ、〔じんせい〕三の一において、けんしやよろしくせいごすべきなり。

158 おのれただしきくらゐて、しかしてをしへなば、けんしやらうするところあらじ。

159 おのれしよすること、をしふるがごとくならば、おのれせいして、せいするをん、そはおのれせいがたきがゆゑなり。

160 おのれこそおのれえしよなれ、なにものえしよたるあらん、おのれせいするときは、えがたえしよべし。

161 みつかつくりたるざいごふは、おのれしやうじ、おのれいでたるもの、ぐじんそこなふこと、こんがうせきまにを〔る〕がごとし。

162 をかいはなはだしきひとしよして、てきしやのぞむがごとくすること、まんさうおほへるじゆけるがごとし。

163 ふぜんにして、おのれふりなることやすく、ことありてぜんなる、きはめてがたし。

164 おうぐしやしやうじやみちによりてくるひとをしへを、じやあくけん