Page:Kokuyakudaizokyo48.djvu/18

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


ものはがんぺんにありてほんちす。

86 かれたるほふずいじゆんするともがらは、がたくにを〔えて〕きしいたらん。

87 88 けんしやこくほふてて、びやくほふ〕をしゆすべし、いへより〔はなれて〕、いへなきとなり、らくえがたをんりところおいて、ここけんしやしよよくてて、がうなきなり、めうらくもとめ、もろもろしんゑより、おのれきよくすべし。

89 (4)しやうがくぶんおいて、こころしゆじゆし、しふすることなくして、ぢやくすてつるをたのしむ、くわうきある(5)ろじんしやは、じゃうをんたるなり。

(1) 諸欲を求め、諸欲の爲に閑語を交ふることなし。 (2) 浮みたる顏、沈みたる顏をなすことなし。 (3) 彼岸とは涅槃を云ひ、此岸とは生死を云ふ。次偈の彼岸の意も同じ。 (4) 所謂七菩提分法なり。 (5) 漏盡者とは煩惱を盡したる人の意にて阿羅漢を云ふ。


あらかんぼんだい

90 みちへ、一さいしよりうとくだつせるもの、あらゆるてんけつだんじたるものにはしゆなうあることなし。

91しやうねんある人はしやうごんし、かれらわうけとんらくすることなし、〔がわう〕のちせうつるがごとく、かれらまたおのおのいへつ。

92ざいもつ〕をちくしやくすることなく、ちかくしてじきけ、ぎやうしよくうにして、さうなく、しかしてげだつあり、そらとりの〔みちの〕ごとく、かかひとみちはかることはかたし。

93 ぼんなうことごとき、じきおいぢやくあることなし、ぎやうしよくうにして、さうなく、しかしてげだつあり、そらとりの〔あとの〕ごとく、かかひとあとはかることはかたし。

94 しよこんじやくじやうせること、ごしらされたるうまごとく、まんて、ぼんなうつくしたる、かかひとしよてんうらやところなり。

95 いからざることだいぢひとしく、よくきんかいまもりてもんいき