Page:Kokuyakudaizokyo48.djvu/17

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


ちやうす。

75 一はりやうみちびくものにして、一はねはんくものなり、ぶつでしたるびくは、さとりてくぎやうよろこばず、をんりのためにしゆじふせよ。

(1) 由旬とは里程の名、四哩より十八哩に至り、諸說一定せず。 (2) 一筒月每に、茅草の端にかゝるほど少量の食を取るとも、其の功德は善く法を行ふ人の功德の十六分の一にも當らず。


けんてつほんだい

76の〕とがし、しつむるちしやかかけんしやば、〔たからの〕ざいしよぐるひとごとくにつかへよ、かかひとつかふるものにはありて、あることなし。

77 いましめよ、をしへよ、ふさうおうことよりとほざからしめよ、かれぜんにんにはあいせられ、あくにんにはにくまれん。

78 あくいうまじはるなかれ、ひれつともがらまじはるなかれ、ぜんいうまじはり、そんきまじはれ。

79 ほふよろこぶものはみたるこころもつこころよす、けんしやつねしやうじやけるほふたのしむ。

80 きよこうみづみちびき、せんしやうむ、もくこうざいげ、けんしやおのれととのふ。

81くわいばんじやくの、かぜうごかされざるがごとく、けんしやきししようよとにうごかさるることなし。

82 そこふかちすゐの、みて、にごりなきがごとく、けんしやほふきてこころましむ。

83 ぜんにんは一さいしよに〔よくを〕て、りやうし(1)よくもとむるがためかたらず、らくれ、はたまたに〔れても〕、けんしや(2)かはれるさうあらはすことなし。

84 ためにもためにも〔あくおこなはず〕、をもたからをもくにをも、これもとむることなく、ひだうによりて、おのれりたつを求むることなし、これぞとくしやちしやぎしやなる。

85 にんげんなかにて、(3)ひがんいたるものはすくなく、