Page:Kokuyakudaizokyo48.djvu/13

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


28 ちしやしやうごんもつはういつはらときかれこころうれひなく、ちゑろうかくのぼりて、うれひあるしゆじやうかいを〔ること〕、さんちやうてるけんしやの、ちじやうぐしやるがごとし。

29 はういつなかにありてしやうごんし、ねむれるひとなかにありてめたる、かくごとちしやくわいばどばつるがごとくにしてすすむ。

30 しやうごんによりてたいしやくしよてんしゆとなれり、しやうごんひとたたへられ、はういつつねいやしめらる。

31 しやうごんたのしみ、はういつおそるべきをさとれるびくは、ゆるごとくに、だいせう(2)てんけつを〔つくし〕去る。

32 しやうごんたのしみ、たいだおそるべきをさとれるびくは、たいだすることあたはずして、ねはんちかづく。

(1) 涅槃の境をいふ。 (2) 煩惱を云ふ、是れ煩惱は衆生の心を纏ひ結びて生死海に流轉せしむるが故なり。


しんほんだい

33 さわぎ、うごき、まもがたく、おさがたこころちしやこれむること、せんしやうを〔むるが〕ごとくす。

34 りくてられ、すゐちういへはなれたるうをごとく、こころさわぐ、(1)まわうくにのがいでんがために。

35 おさふることかたく、きやうさうにして、ずゐしよよくげんとする〔かくごとき〕こころするはなり、したるこころらくもたらす。

36 ることかたく、みめうにして、ずゐしよよくげんとするちしやよ、〔かくごときの〕こころまもれ、まもりあるこころらくもたらす。

37 とほき、ひとうごき、かたちなくして、むねひそめる、〔かかる〕こころせいするものはばくよりのがれん。

38 こころけんごならず、めうほふれうげせず、しんねんさだまらざるひとちゑじやうまんすることなし。

39 こころとんぜんなく、こころめいわくなく、ぜんあく〔のおもひ〕をて、さと