Page:Kokuyakudaizokyo48.djvu/12

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


とんしんまたとをて、しやうちあり、こころよくげだつせるものは、ぢやくなくして、(11)しやもんだうたつすべし。

(1) 原語には「古」の意もあり、法句經註解書には「古の法、總ゆる佛、辟支佛、漏盡の聲聞の踏みたる道」と釋せり。 (2) Yamāmase 閻魔王の爲に服せらる、死に近く、死に行く、消え果つ等の意もあり、 (3) 原典にては「他」の字を用ひ、「智者を除きて他のもの」と釋す。 (4) 見聞し知覺する物體に對して莊美なり淸淨なり愛すべきものなり等の觀念を抱くを云ふ。 (5) 眼耳鼻舌身意の六根を制せず、此等諸根の門戶を護らざるを言ふ。 (6) 漏とは煩惱の謂なり。 (7) 「精」とは「精髓、中樞、要部」等の義なり、「非精」とは之に反して、緊要ならざる部分なり。 (8) 「邪思惟」又は「正思惟」を其の分別の「境界」、範圍とするの意なり。 (9) 原語には、有義、有利等の義あり、佛の說かれたる敎を言ふ。 (10) 「沙門道の分得者にあらず、」 (11) 涅槃に達するを言ふ。


しやうごんほんだい

21 しやうごんふしみちにして、はういつみちなり、しやうごんひとすることなく、はういつひとせるがごとし。

22 けんしやしやうごんおい〔の〕をさとり、しやうしやみちたのししやうごんよろこぶ。

23 ぜんしあり、にんたいあり、つねゆうけんなるけんしやむじやうあんのんねはんくわくしゆす。

24 かうじやうあり、おくねんあり、ごふきよく、〔ことを〕なすにこころもちひ、みづかせいし、みちによりてき、しやうごんするもの、〔かくごとひとの〕ほまれぞうちやうす。

25 かうじやうしやうごんじせいてうぶくとをもつて、ちしや(1)ばうるをかすことなきしうつくらんことを。

26 にしてなきともがらはういつふけり、あるひとしやうごんまもること、さいじやうちんぽうごとくす。

27 はういつふけることなかれ、よくらくあいぢやくに〔ふけること〕なかれ、これしやうごんにしてぜんしあるものはだいあんらくべければなり。