Page:Kokkaron1905.djvu/76

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


く一個の意志なかる可らず。其意志は原始的狀態に於ては單に多くの人の一般に唱ふる所のものなり。

然れども多くの人の一般に唱ふる所を以て事を决せんとするは不便少なからず。是に於て一會社は規則を設け意志創作の機關を定む。評議員會議と社長の捺印との如き是れなり。此れ等の機關によりて决定せられたる意志は即ち其會社の意志なり。精密に言へば規則上の意志に外ならざるなり。會員が規則を重んずる丈其れ丈遙かの範圍に於て此意志を以て滿足し居るなり。

會社の規則を重んずるは、會員資格の骨髓なり。會員