Page:Kokkaron1905.djvu/77

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


は此根本的動機を有す。此を以て其規則內に作られたる意志は有効なるなり。

國家の意志も亦之れに同じ。發現の方面より見れば法律なり、命令なり、諭達なり、公布なり、凡そ日本の法律系統內にて作られし者は皆國家の意志なり。日本の「規則」は統一せられたる一體なり。此一體は個人の意志を拘束しつゝある者なり。故に之の軌道によりて生じたる者即ち國家の意志となさゞる可らず。若し精密に言へば議會の協賛を經たる主權者の意志を第一次的の意志となし。縣會又は郡會の議决したるものを第二次的の意志となし、市、町、村會の議决したるも