Page:Kokkaron1905.djvu/55

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


く可らざる者なり。故に小社會の合併して以來、國家組織を有せざる社會あらざるなり。個人は此組織をなすと同時に一面に於ては自由意思を以て種々の行爲をなしつゝあり。俗に所謂社會現象是れなり。此社會現象は前述せる諸種の意志結合なり。此れなくして國家のみならむには社會は一日も存在する能はず。即ち農作なく、商業なく、學問なく、敎育なく、百工技藝なし、主權者より命ぜられたる官吏の外官吏其者すら是れあるなきなり。國家組織と其他の社會現象と共に存在し、而して能く共に維持せらるゝなり。

或は曰ふ。國家は女を變じて男となすの外一切をな