Page:Kokkaron1905.djvu/50

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


同志相糾合するも意志結合なり。斯く諸種の方面に於て意志結合あるは社會の組織せらるゝ所以なり。之を社會心理となす。〈此事社會學に詳なり。今之を省略す。〉

故に社會の成立するは全く心理作用なり。主權は其中の一なるのみ。主權の方面に於て意志結合しつゝある人は主權者の言ふ所を奉じ、之を守る可し。主權者が法律を制定せんとし、之を命ずれば法律は忽ちにして制定せらる。命ぜられたる者は固より之を承諾し、一切人民は又不言の間に之を承諾す。

主權者は政府を組織せんとし、其會員を命ず。會員の下更に會員あり。尨然たる一大系統をなす。而して