Page:Kokkaron1905.djvu/41

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは検証済みです


tsorgan gänzlich ausgeschlossen. (System der subj. öffent. Rechte. s. 36)

此れ法律思想の標本なり。然れども人爲的產物たる國家機關は人間の精神によりて維持せられ居るものなり。人間精神は不斷變動するが故に國家機關も亦絕へず變動しつゝあるなり。國家機關は此く變動するにせよ、主權者の意志發表なり。主權の一部をなし居る意志は是れ等の意志發表に從ふべし。故に人民は主權者の法律に遵ひ、命令に從ふ可し。主權者の意志に個人意志の結合するは實に日常生活の大部をなすと謂ふ可きなり。故に國家は主權者が社會を統御