Page:Kokkaron1905.djvu/42

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


する爲めに作れる機關組織なり。然るに主權の及ぶ所は人民全體に在り。故に人民全體を包括し以て國家と名づく。然れども人民の國家に於ける一切の方面に於て然るにあらず。唯主權者の意志に結合する行爲〈法律行爲〉に於て然るのみ。是れ次に論ずる所の如し。