Page:Kokkaron1905.djvu/25

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


するなり。主權者の意志は大なる結合せられたる意志の中心なり。然るに主權者其者の意志活動は自由意志活動なり。之を主權の自主獨立となす。主權は結合せられたる意志なれとも其方向を决定する者は主權者の意志なり。故に主權者の意志にして自主獨立に决定し得れば主權は自主獨立たりと謂ふを得可きなり。市町村の如き法人の自主と異る所なり。

然らば主權者の意志は絕對的に自由なり得るかと云ふに然らざるなり。個人意志が種々の條件によりて制限せらるゝと同く主權の意志も亦種々の方面より制限せらる。