Page:Kokkaron1905.djvu/24

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


十分なる火を睹るよりも暸かなり。主權絕對的に大にして何ぞ斯の如き結果を生ぜむや。

主權は自主獨立なること。主權は政治を離れて意味なきことは前に述べたるが如し。自主獨立とは如何なる政治をも實現し他の干涉を受けざるを云ふ。自主は自由に其社會を統治し其利益を伸張せんことを謀り之れを實行するを謂ひ。獨立は他の社會の制肘を受くることなきを謂ふなり。

個人が自由意志を以て决行するは個人の自主獨立なり。今政治なる心的進動も必然的に權力を豫想し居るものにして主權者其者の意志の方向に主權は活動