Page:Kokkaron1905.djvu/21

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


主權を掌握すると云ふは結合せんとする意志の中心たるを謂ふなり。隨て其者の政治〈心的進動〉が結合せんとする意志に認容せらる。即ち一般人民に認容せらるゝなり。

二 主權の屬性

主權は不斷變動しつゝあること。權力は意志の結合なり。意志は絕えず活働しつゝあり。意志は智識感情の複雜なる作用の結果として見はる。智識感情の變動と共に意志の活動も自ら異らざるを得ず。主權者に對する智識感情の變動と共に意志は自ら變動するものなり。主權者に對する智識感情は絕へず變動