Page:Kokkaron1905.djvu/17

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


をさへ絕たしむるに至る。若し血液の循環あるも極めて遲緩なる時は腐敗は愈〻大に遂に全身の生活機能を妨碍するに至る。社會の交通機關は循環機關に該當す。交通機關完全なれば社會の一部に謀叛者あるも其計の熟せざるに主權者は兵を派して之を討平すべし。若し交通機關なくんば謀叛する者は計をなし事を擧ぐるの暇あり。是を以て外部の腐敗は愈〻大に、本末相離るゝの勢を生ず。是れ古代交通機關の不備なる時に謀叛者の多く、今代の主權者は其位置を保つ に憂なき所以なり。

主權者は一人物なり。主權其者とは別なり。權力を