Page:Kokkaron1905.djvu/12

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


力となし。其服從せざる者を擊て之を平げたり。爾後彼の系統は反射的に人民に戴かるゝに至れり。然るに其後桀に至りては人民多く叛き服從する者少なく、殆んど一匹夫の狀態となれり。

ラッツェンホーフェル曰はく

Weil seine Macht (Politisch) reale Willensäusserungen seiner Unterthanen sind. (s.288)

意志を以て權力の基礎となすを見る可きなり。ギッヂングス氏亦曰はく

或る意味に於ては權威は人民中に在りと云ふべし。何となれば議政府又は司配者は其