Page:Gunshoruiju18.djvu/90

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


はかせさかしたち。さひらきゐたり。膏藥くはれる。れいのことゝもなり。二日。宮の大饗はとまりて。臨時客。ひんかしおもてとりはらひて。れいのことしたり。上達部は。道綱實資齋信公任行成賴通。左衞門督。有國の宰相。正光實成賴定。むかひゐ給へり。俊賢。左兵衞督。經房 兼隆宰相中將は。なけしのしもに。殿上人の座のかみにつき給へり。わか宮いたきいて奉り給て。れいのことゝもいはせ奉り。うつくしみにイきこえさせ給ふ。うへに。後朱雀宮いたき奉らんと。殿のたまふを。いとねたきことにし給て。あゝとさいなむを。うつくしかりきこえ給て申たまへは。右大將なと。けうし聞え給ふ。うへにまいり給て。うへ殿上に出させ給て。御あそひありけり。とのれいのはせ給へり。わつらはしとおもひて。かくろへゐたるに。なと。御てゝの。御まへの御あそひにめしつるに。さふらはて。いそきまかてにける。ひかみたりなと。むつからせ給へる。さるは。歌一つつかうまつれ。おやのかはりに。はつねの日なり。よめとせめさせ給ふ。うちいてんに。いとかたわならん。こよなからぬ御ゑいなめれは。いとゝ御いろあひきよけに。ほかけはなやかにあらまほしくて。年比。彰子のすさましけにて。ひとゝころおはしますを。さうしく見奉りしに。かくむつかしきまて。ひたりみきに見たてまつるこそうれしけれと。おほとのこもりたる宮たちを。ひきあけつゝ。み奉りたまふ。野へに小松のなかりせはと。うちすしたまふ。あたらしからんことよりも。おりふしの人の有さま。めてたくおほえさせ給ふ。又の日夕つかた。いつしかとかすみたる空を。つくりつゝけたる軒のひまなさに