Page:Gunshoruiju18.djvu/56

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


なき御ほとを。わか心をやりてさゝけうつくしみ給ふも。ことはりにめてたし。あるときはわりなきわさしかけ奉り給へるを。御ひもひきときて。御木ちやうのうしろにてあふらせ給ふ。あはれこの宮の御しとにぬるゝは。嬉しきわさかな。このぬれたるあふるこそ。おもふやうなるこゝちすれと。よろこはせ給ふ。具平の宮わたりの御ことを御心にいれて。そなたの心よせある人とおほして。かたらはせ給ふも。まことに心のうちはおもひゐたることおほかり。行幸ちかくなりぬとて。とのゝうちをいよつくりみかゝせ給ふ。世におもしろき菊のねをたつねつゝほりてまいる。いろうつろひたるも。黃なるか見ところあるも。さまにうへたてたるも。あさきりのたえまに見わたしたるは。けにおいもしそきぬへきこゝちするに。なそやまして。おもふことのすこしもなのめなる身ならましかは。すきしくももてなしわかやきて。常なき世をもすくしてまし。めてたきこと。おもしろきことを。みきくにつけても。たゝおもひかけたりりし心のひくかたのみつよくて。ものうくおもはすに。なけかしきことのまさるそいとくるしき。いかて今は猶ものわすれしなん。思ひかひもなし。つみもふかうイなと。あけたてはうちなかめて。水鳥ともの。思ふことなけにあそひあへるをみる。

 水鳥を水の上とやよそにみん我も浮たる世を過しつゝ

かれもさこそ心をやりてあそふとみゆれと。身はいとくるしかんなりと。思ひよそへらる。小少將の君のふみをこせたる返ことかくに,時雨のさとかきくらせは。つかひもいそく。又空のけしきもうちさはきてなんとて。こしおれたることやかきませたりけん。くらうなり