Page:Gunshoruiju18.djvu/537

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


 ことのはに をに神までも なひくめりイ 八嶋の外の

 よつのうみ 波もしつかに おさまりて 空ふく風も

 やはらかに 枝もならさす ふるあめも 時さたまれは

 きみの みことのまゝに したかひて わかの浦路の

 もしほくさ かきあつめたる あとおほく それか中にも

 名をとめて 三代まてつきし 人のこの 親のとりわき

 ゆつりてし そのまことをは もちなから 思へはいやし

 しなのなる そのはゝきゝの そのはらに たねをまきたる

 とかとてや 世にもつかへよ いけるよの 身をたすけよと

 契りをく すまとあかしの つゝきなる ほそ川山の

 谷イにイ わつかにいのち かけひとて つたひし水の

 みなかみも せきとめられて いまはたゝ くかにあかれる

 いをのこと かちをたえたる ふねのこと よるかたもなく

 わひはつる こを思ふとて よるのつる なく宮こ

 いてしかと 身はかすならす かまくらの 世のまつりこと

 しけけれは きこえあけてし ことの葉も 枝にこもりて

 むめの花 よとせ弘安三に なりにけり 行衞もしらぬ

 なかそらの 風にまかする ふるさとは 軒端もあれて

 さゝかにの いかさまにかは なりぬらん 世々の跡ある

 玉つさも さて朽はては あしはらの 道もすたれて

 いかならん 是をおもへは わたくしの なけきのみかは

 世のためも つらきためしと なりぬへし 行さきかけて

 さまに かきのこされし ふての跡 かへす

 いつはりと いふ人あらはイ ことはりを たゝすの森の

 ゆふしてに やよやいさゝか かけてとへ みたりかはしき

 すゑの世に あさはあとなく なりぬとか いさめをきしを

 わすれすは ゆかめることも またたれか 引なをすへき

 とはかりに 身をかへりみす たのむそよ その世をきけは

 さてもさは のこるよもきと かこちてし 人のなさけも

 かゝりけり おなしはりまの さかひとて 一つなかれを

 くみしかは 野中の淸水 よとむとも もとの心に

 まかせつゝ とゝこほりなき 水くきの 跡さへあらは

 いとゝまた つるか岡への 朝日かけ 八千代の光

 さしそへて あきらけき世の なをもさかへん

 なかかれと朝夕いのる君か代をやまとこと葉にけふそのへつる


のこるよもぎとかこちけるといふ所のうらがきに。くはうたいこぐうの大夫しゆんせいの卿の御むすめ。ちゝのゆづりとて。はりまのくにこしベのしやうといふ所をつたへしられけ