Page:Gunshoruiju18.djvu/519

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


暮はつるほどにゆきつきたれば。思ひなしにや。こゝもかしこもなをあれまさりたる心ちして。所々もりぬれたるさまなど。なにゝ心のとゞまるベくもあらぬをみやるも。いとはなれまうきあばらやの軒ならんと。そゞろにみるもあはれなり。おい人はうちみえてこよなくおこたりざまにみゆるも。うきみをたればかりかうまでしたはんと哀も淺からす。その後は身をうき草にあくがれし。こゝろもこりはてぬるにや。つくとかゝる蓬がそまに朽はつべき契こそはと。身をも世をも思ひしづむれど。したはぬこゝちなれば又なりゆかむはていかゞ。

 我よりは久しかるへき跡なれと忍はぬ人はあはれともみし


右轉寢記以扶桑拾葉集挍合了