Page:Gunshoruiju18.djvu/489

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


あり。北には里人住家をしめ。南には池のおもて遠く見えわたる。むかひの汀。みどりふかき松のむら立。波の色もひとつになり。南山の影をひたさねども靑くして滉瀁たり。洲崎所々に入ちがひて。あしかつみなどおひわたれる中に。をしかものうちむれてとびちがふさま。あしでをかけるやうなり。都をたつ旅人。この宿にこそとまりけるか。今はうちすぐるたぐひのみ多くして。家居もまばらに成行など聞こそ。かはりゆく世のならひ。飛鳥の河の淵瀨にはかぎらざりけめとおぼゆ。

 行人もとまらぬ里となりしより荒のみまさるのちの篠原

鏡の宿にいたりぬれば。昔なゝの翁のよりあひつゝ。老をいとひてよみける歌の中に。いさたちよりてみてゆかむ年へぬる身は老やしぬるとといへるは。此山の事にやとおぼえて。宿もからまほしく覺えけれども。猶おくざまにとふベき所ありてうち過ぬ。

 たちよらてけふは過なん鏡山しらぬ翁のかけはみすとも

ゆき暮ぬれば。むさ寺と云山寺のあたりにとまりぬ。まばらなるとこの秋かぜ。夜ふくるままに身にしみて。都にはいつしか引かへたるこゝちす。枕にちかきかねの聲。曉の空にをとづれて。かの遺愛寺の邊の草の庵のねざめもかくや有けむと哀なり。行末とをきたびの空。思ひつゞけられていといたう物がなし。

 都出ていくかもあらぬこよひたにかたしきわひぬ床の秋風

この宿をいでて笠原の野原うちとをるほどに。おいその杜と云杉むらあり。下くさふかき朝つゆの霜にかはらん行すゑも。はかなく移る月日なれば遠からずおぼゆ。

 かはらしな我もとゆひに置霜も名にしおいその杜の下草

音にきゝしさめが井を見れば。陰くらき木のしたのいはねより流出る淸水。餘り涼しきま